×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシック手術後の後遺症と合併症

レーシック手術後の後遺症と合併症

レーシックにおいて心配される後遺症、合併症については
次のようなものがあります。

<フラップの作成不良>
レーシック手術中に、マイクロケラトームがスムーズに進まずに、
実質面がギザギザの不正なフラップが作成されてしまうことがあります。
これは、マイクロケラトームのブレードと歯車の間に
まつげなどの異物がはさまって起きることなどが考えられます。
これは、マイクロケラトームを使用ごとに分解して洗浄することで
避けられます。

<上皮細胞の角膜実質内への混入>
角膜上皮の細胞がフラップの辺縁から実質層間へ侵入してくる
ことがあり、時には実質混濁も加わることもあります。
このような症状は、フラップの実質床への接着が不十分であったり
フラップにずれがあったときなどに発症するのですが、
フラップを戻す際に洗浄をきちんと行うことで回避できます。

<サンド・オブ・サハラ>
レーシック手術後1〜2日後、フラップと実質床の間で
白色の湿潤性混濁が生じることがあります。
これは無菌性の角膜実質内の炎症で、ほとんどの場合は、
ステロイドの点眼で消失してしまいますが、強い炎症の場合は
実質層間を洗浄する必要があります。


レーシック手術後の後遺症と合併症 次へ

レーシックの無料説明会がおすすめ。まずは無料説明会で不安解消!

レーシック 視力回復


   【ご案内】

メールはこちら!
   までお願い致します。

【視力回復関連厳選リンク】


copyright© レーシック手術後の後遺症と合併症 All Rights Reserverd.


草津温泉| フローリング| MAYA| 資産運用| 美容整形| 求人| 住宅ローン| 土地活用| ビジネススクール| パソコン